CATEGORY

blog

  • 2021年1月20日

マスククリーンMC-T101の実験結果

今回のブログでは、マスククリーンMC-T101を使って今までご紹介していなかった実験結果が出たデータを一部ご紹介します。 ※パンフレット参照 ・有害粒子除去性能(タバコ粒子、PM2.5など) 120分間 自然減少:約80%除去 MC-T101稼働:約99%除去 ・美肌効果性能 120分間 マイナスイオンなし:肌水分約110% マイナスイオンあり:肌水分約114% タバコを吸っていない人からすると、 […]

  • 2021年1月19日

ハイブリッド光触媒で、身の周りの予防対策

新型コロナウイルスが、日本・全世界で猛威を奮い続けて約1年が経とうとしています。 この時期になると毎年、インフルエンザの感染、死者が出てしまうことがニュースに出ていますが、今年は個人・お店での除菌対策を強いられていることが幸いにインフルエンザの新規感染者数が新潟だけではなく全国でとても減っています。 これも、各々が手洗いなどで除菌対策をしっかりしていることがプラスにつながっている証拠ですね。 ただ […]

  • 2021年1月18日

プレフィルターお手入れのタイミング

マスククリーンMC-T101は、構造上の仕様で720時間(約30日間)稼働したら清掃ランプが点く仕様です。 そのため、特に問題なく使えていてもランプが点いたら簡単でいいので掃除機で軽く吸い取っての掃除をおすすめします。 説明書に記載がありますが、取り外しはとても簡単で全面を外すのみです。 ランプが点いていない時でも、ホコリのある部屋などで吸い込みが悪い気がするなどがあれば早めのメンテナンスをおすす […]

  • 2021年1月15日

マスククリーン導入事例㉑

オフィス K様 設置場所:フロア 設置先:新潟 設置台数:マスククリーン(MC-T101)1台 使用例/評価) 周りで導入した人から好評だったので、1台だけフロアに導入しました。 受注から到着まで1ヶ月近くかかりましたが、それだけ人気ということですね。 新潟でも新型コロナウイルスが流行っている中、まずは社内だけでも除菌をしてクリーンに出来たらと、これからの活躍に期待です。 他に、社員の半数近くが春 […]

  • 2021年1月14日

マスククリーン設置時の注意点

昨日のブログでは、マスククリーンMC-T101のお手入れ、メンテナンス方法についてご紹介しました。 使って頂くイメージを持てるよう、設置時の注意点、おすすめ場所について今回はご紹介します。 まずマスククリーンMC-T101は、除菌(消臭)したいところの付近に置くことをおすすめします。 ~28畳まで対応しますが、置いてある付近と少し離れた場所では物の置き方によって効果が変わってくるためです。 そうす […]

  • 2021年1月13日

マスククリーンMC-T101手入れの仕方

弊社が新潟で販売しているマスククリーンMC-T101は、いくつかのフィルターを搭載して菌やウイルス、臭いを分解・除去します。 加湿機能は付いていなく、水を入れるタンクはないため、アカなどを洗うといったことはありません。ただ、1つだけ長持ちをさせる方法として、プレフィルターの掃除のみです。 前面のカバーを外して、掃除機で優しく吸い取るのがポイントです。 大振りでがつがつ動かすとフィルターが傷ついてし […]

  • 2021年1月12日

消毒液を使わず除菌搭載の空気清浄機

ここ1年間で、嫌と言うほど聞いてきた単語で「除菌」が挙げられると思います。 お店の入り口には必ずと言っていいほど設置されており、お店によっては消毒液を使って除菌をしなければ入店できないというケースも少なくはないと思います。 スーパーや飲食店などの施設では見かけませんが、医療業・介護・ホテルなどの業種にて多くの施設で利用されている除菌も出来る空気清浄機の取り扱いを昨年から始めました。 マスククリーン […]

  • 2021年1月8日

ハイブリッド光触媒を用いて空間を除菌・消臭

いよいよ本日から、1都3県で10ヶ月ぶり2度目の緊急事態宣言が発令されました。 県独自の緊急事態宣言をしているところもあり、新潟ではどうなるか少し不安な部分はありますね。 冬は、インフルエンザの流行と雪による急激な寒さで、新型コロナウイルスと風邪の区別がつかない可能性もあります。 まずは焦らず、慎重な対応を心掛けたいですね。 大変なご時世の中、弊社では約半年前から空気清浄機の取り扱いを始めました。 […]

  • 2021年1月7日

MC-T101に搭載、高速フレーム低温溶射技術

前回のブログの続きです。 光触媒の機能を100%引き出すため、「高速フレーム低温溶射技術」によって成功したとご紹介しました。 それでは、高速フレーム低温溶射技術とは?を今回のブログでご紹介します。 まず、「溶射」とは金属加工の技術の1種で、高速・高温で材料を衝突させることで、接着剤を使わず密着コーティングする技術です。 本来高温では光触媒の性質が変わってしまうところ、光触媒の性質が変わらない低温で […]

  • 2021年1月6日

光触媒を導入出来た空気清浄機マスククリーン

昨日の続きで、ウイルスや細菌を分解し、除菌・消臭する光触媒はとても優秀です。 しかし、難点もありました。 紫外線のあるところでしか効果を発揮することが出来ないという理由の続きで、内部のご紹介です。 光触媒をコーティングするのに、溶剤と呼ばれる液体(接着剤)に混ぜてコーティングをしていました。そのため、基材表面は溶剤50%・光触媒50%で構成されていたため、光触媒は基材表面積の50%分しか機能できま […]